【メディカルハーブ】免疫アゲアゲならこれでしょ。

投稿日:

 

エステサロン・アンスリールKuraです。

今日もメディカルハーブのおはなし。
あまりにも脳に詰め込みすぎて、とうとう夢にまで出てくるようになりました。
睡眠学習でもいいので詰め込んでしまいたいです。

今日知ったランゲルハンス島

免疫の勉強をするにあたり、マニュアルに
「表皮にあるランゲルハンス細胞には枝状の突起があり・・・」
という一文がありました。

そういえば・・
今までエステティシャンの試験といい、なにかとうっすら出てきてたような・・・
あ~そういえランゲルハンス島ってあったよね。
ランゲルハンス細胞ってこのランゲルハンス島で発見されたのかしら?

 

これは調べねば!どんな島なのか気になる!!
大急ぎでググりました。

なんと!
ランゲルハンス島は膵臓にありました。

ずっと島だと思ってました→これでもエステティシャン歴26年。

ちょ。ちょ。ちょっと!!
私がしたことが!恥ずかしいじゃないの!!
とおもったら・・

私みたいな人がやっぱりいたんですね。
ほっとひと安心(安心ではない)

しかもランゲルハンス島とランゲルハンス細胞は全くの別物だそうです。

発見者であるドイツ医学者パウル・ランゲルハンスにちなんで名づけられている。膵臓に存在するランゲルハンス島と混同してはならない。骨髄で造られ、表皮有棘層に存在する樹状細胞であり、表皮全体の細胞数の2〜5%を占めている。

Wikipediaより引用

Wikipediaにも「混同してはならない」と書いてありました。
また今日もKuraさん賢くなりましたとさ。

 

結局のところ、ランゲルハンス細胞がどうした?
というハナシなのですが、ランゲルハンス細胞は表皮に存在する枝状の突起で、体外から侵入する細菌やウイルスをなどの刺激を脳に伝達してくれます。
(かなりざっくり要約)

つまりは肌にも免疫システムが存在しているよ
っていうことです。

スポンサードリンク

ということで免疫にかかわるハーブを紹介

メディカルハーブの中ではメジャー中のメジャーのエキナセアです。
エキナセアはメディカルハーブ検定でも出てくるハーブなので学名、使用部位、主要成分はバッチリ覚えています。

秋から冬にはアンスリールでも人気のハーブです。

最近は園芸店でも売られていることも多く、育てやすいのでガーデニングでも使えます。
色んな花の色があり、花もかわいいのでたくさん植えて楽しめます。
また、多年草なので冬に枯れても春にはまた出てきます。
Kuraさんも自宅の花壇で育てています、
(観賞用なのでメディカルハーブとしては使いません)

 

こちらもメジャーなハーブ「エルダーフラワー」

こちらもメディカルハーブではエキナセア同様にメジャーなハーブ。
季節を問わずに活躍します。

Kuraさんはベーシックハーブとして毎日飲みます。
冬場は風邪予防にエキナセアとエルダーフラワーをチンキ(アルコールにハーブを浸して成分を抽出させたもの)にして飲んでます。

 

こちらも「西洋ニワトコ」という名前で園芸店に出ていることもあります。
アンスリールの入り口でも育てているのでサロンに来たときはチェックしてみてください。

もうすぐ花が咲きそうです。
意外に花の時期は短いです。
水枯れしやすく、すぐに大きく育つのでそろそろ地植えにしたほうが良いかもです。
(観賞用なのでメディカルハーブとしては使いません)

 

自分の免疫をあげて外敵から身を守ろう

自分の免疫を上げることで外敵から身を守ることができ、風邪や感染症の予防にもつながります。

では免疫を上げるためにはどうすればいいのか?

①心理的なストレスを適度に解消する。
ストレスを感じるとリンパ球の働きが抑制されてしまいます。
ストレスと上手に付き合うことが大切です。

②質の良い睡眠
睡眠中に分泌される成長ホルモンは細胞の成長と修復、活性化に役立ちます。
睡眠が浅かったり、睡眠不足にならないように質の良い睡眠を心がけましょう。

③体を温める
「冷えは万病のもと」といわれるぐらい免疫に関係しています。
冷え性の改善は免疫力の向上にもつながります。

 

つまりはアンスリールに来れば解決

ストレス状態が続いてるならアンスリールで一気に愚痴ってみましょう。
Kuraさんが愚痴を笑いに変えて持ち帰ることができます。

 

カラダが冷えている方はアンスリールのハーブテントをどうぞ。
しっかり汗をかいて冷え知らずのカラダに変身しましょう。

笑って汗をかいたカラダはゆっくり眠れます。
すぐにでも眠りたい方はコース中に深い眠りへといざないます。

アンスリールって免疫系サロンじゃない?

ちょっと!
これってウチのサロンめちゃくちゃ免疫上がる系じゃない?

とブログを書きながら自画自賛するKuraさん。

「最近つかれてるな~」
「最近、笑ってないな~~」
「なんかすぐ風邪ひくな~~」

という方はぜひアンスリールへ。
肌もココロも免疫もアゲアゲにしてさしあげます。
[clink url="https://unsourire-kurume.com/archives/blog3-20-2018/"]

 

お問い合わせ・ご予約はこちら
080-1710-1269

スポンサードリンク

Follow me!

-TOP, メディカルハーブ

Copyright© 久留米津福|35歳からの脱毛&フェイシャルサロン・アンスリール , 2019 All Rights Reserved.