【久留米エステ】cocomi12月号に載ってみた

投稿日:

エステサロン・アンスリールKuraです。

スポンサードリンク

今日も軽快にコースをしてましたところ

こんにちは~!cocomi12月号お持ちしました~~

と。

 

来たよ来たよ。
今年最後のcocomiだというのに誌面汚しをした二人が写ってますの。
しかも2P。

こんなにかわいい表紙のcocomiになにがあったのでしょうか?

 

 

始まりは古田氏の一言だった

アンスリールのパンフレットやら動画作成をしてくれている久留米のデザイン会社の古田氏。

 

まぁこんな感じの真面目に不真面目。
でも地元愛はハンパない。
という古田氏。
(なぜミニオンを選んだのかは不明)

 

まぁいつも「姐さん姐さん」と頼ってくれるのですが不定期にやってる打合せという名のランチの時に今後のアンスリールをどう拡散していくのか?
と二人でどっちが焼きそばがいかに美味しく撮れるか?とふざけておりましたら

 

「姐さんのサロンは姐さんが売りやけん姐さんを前面に出したがいいんよ」

 

なんですかそれ?

姐さんによる
姐さんのための
姐さんサロンってことか?

 

じゃぁ~姐さんをどう売るよ?

cocomiのオトナ空間に出たら?

 

ということで対談記事のご提案を受けたわけですよ。

 

それはいきなりやってきた。

 

わかった!出る出る!

とは二つ返事しましたよ。
確かにKURAさんも出るとは言いましたよ。

 

でもさ~てっきり年明けぐらいと思って余裕ぶっこいてたわけですたい。
そして10月の終わりごろに

「姐さん月末撮影できる?」

 

 

はい??
もう撮影するの??

い・いや。
いいんだけど・・

 

 

 

KURAさん気がついたら人生ピークに太ってるんですよね。
二の腕とか前足超えてプロレスラーみたいなんすよね。

 

 

もう時間はありません。
仕方ないので行く直前に自らの顔にリフトアップの機械をガンガン照射して参戦です。
(最後の悪あがきに自宅から津福駅までは歩いて行ったがほとんど無意味)

 

 

そして撮影は始まった。

撮影場所はKURAさんのブルーヘアーを手掛けてくれている美容室【Sweet enough on hair】

急な撮影のお願いも快く受けてくださりありがとうございます!
10月に六ツ門から通町に移転してさらにオシャンティになったKURAさんイチオシの美容室なのです。
(夫婦で営んでいるのですが奥さんがこないだ出産したばかりなので旦那さんが一人で切り盛りしてるので行くときは早めに予約してね!)

 

オシャンティ空間での対談なのでなに話そうかな~と楽しみにしていましたが、なんせ相手は古田氏。

 

対談にならねぇ。

 

真面目に不真面目な二人がまじめな対談になるわけがない。
というか真面目に話せば話すほど記事に書けないよこのネタ!

ということで適度にまじめに色々と語ってきましたの。

 

ですがこれ以上はオシャンティ空間に長居はできぬ。
ということでランチ兼ねて続き。
あまりにも「俺も疲れたら顔がたるんでくるんっすよ」
と言うものですので

 


顔に埋め込まれた何かを探しているわけではありません。

 

姐さん!痛い!痛い!
と悶絶する古田氏。

 

はい!いっちょ上がり!
若干スッキリしたようです。

 

 

で。誌面はどうなった?

ということで今日届いたcocomiを恐る恐る開けてみました。

 

行き別れた姉弟かよ!

てか背中厚っ!!

 

cocomi12月号はアンスリールにも置いております。
早速、今日のお客様がニヤニヤしながら持って帰られました。
今月はすぐになくなりそうです。

 

そして本気でダイエットしようと思います。
(どこまで本気かは未知数)

 

KURA

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク

Follow me!

-kuraさんのひとりごと, アンスリ女子的生き方

Copyright© 久留米津福|35歳からの脱毛&フェイシャルサロン・アンスリール , 2019 All Rights Reserved.